紹介文

ご挨拶

banner
この度は当キャッテリーのホームページをご覧頂きありがとうございます。
江戸川区にある自宅でキャッテリーをしています。猫種はマンチカン・スコティッシュフォールド・ブリティッシュ・ミヌエットなどがおり、子猫たちは親猫に愛情いっぱい受けてスクスク育っております。
また、キャッテリー内もスタッフ一同、衛生・健康管理などは徹底しておりますので、是非一度ご覧頂ければと存じます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
猫の命は私達人間よりとても短いです。
悲しい事に未だに世間では捨て猫や殺処分され消えゆく命が後を絶ちません。
だからこそ、猫達の限られた命の時間、たくさんの愛情を注いで頂ける飼い主様とのご縁が結べたら、私たちにとってこんな幸せな事はありません。

 

子猫・親猫情報

マンチカン

スコティッシュフォールド

ブリティッシュショートヘア

♡2023年12月31日生まれブリティッシュショートヘア♀クリームタビー&ホワイト<br />
丸顔の女の子です。<br />
生体価格 205,000円<br />
初回費用(ファーストワクチン代含む)15,000円<br />
毛色クリームタビー&ホワイト<br />
引渡可能日 2月26日~

2023年12月31日生まれ

新し飼い主様決まりました❤精巣の腫瘍は生殖細胞の腫瘍で陰睾丸・停留睾丸(精巣) >>>猫の陰睾丸(停留睾丸)について 精巣はもともと雌の卵巣と同じ起源を持つ組織です。猫では胎児のうちに精巣が男性ホルモンの影響で陰嚢を目指して卵巣の位置から下降をはじめて陰嚢内へと移動します。生後1~2か月以上たって片方もしくは両側の睾丸がみられない場合には陰睾丸であるとか停留睾丸(精巣)と診断されます。 精巣の下降がストップしてしまった部位がお腹の中であれば腹腔内陰睾(こう)、お腹から出て鼠径部(そけい)の皮下まで移動したものであれば皮下陰睾(こう)とよばれます。犬では陰睾丸の原因は遺伝性と考えられますが、猫での陰睾丸の発生率は犬と比べて非常に少なく、遺伝的な関与は疑われますが詳細はよく分かっていません。 陰嚢に下降していない精巣は正常な機能が期待できません。本来、睾丸は陰嚢の中でなければ正常に機能できません。これは陰睾丸の存在する場所が陰嚢よりも体温が高いためで、精子の生成機能の面では明らかに劣ります。機能低下は皮下陰睾よりも周囲の体温の高い腹腔内陰睾ではより顕著です。ただし、高体温下でも男性ホルモンは分泌されますので性欲は通常は正常に見られます。 猫でも犬と同様に下降していない精巣は正常なものと比べて腫瘍の発生が高くなると考えられます。正常な精巣での精巣腫瘍の発生率は猫での高い去勢手術の実施率によって見かけ上はその発生率が極めて低いものです。しかしながら、何らかの理由で中高齢期まで摘出されない停留睾丸に腫瘍が発生した場合にはその発見と治療は遅れがちになるため、猫では寿命に影響する大きなリスクとなり得ます。♡2023年12月31日生まれブリティッシュショートヘア♀クリームタビー&ホワイト
丸顔の女の子です。
生体価格 205,000円
初回費用(ファーストワクチン代含む)15,000円
毛色クリームタビー&ホワイト
引渡可能日 2月26日~